サーフィンとは、サーフボードで波に乗ること

世界のあらゆる動的な体験とはかけ離れている
スケートボードでは路面のアスファルトは動かない
スノーボードもハーフパイプやゲレンデは動かない
車の運転も、自転車も、道路は動かない

サーフィンだけは、波自体が崩れながら岸方向に移動するのに、同時にサーファーも波の上下左右に自由にターンをするため、相対的な動きになる

波の動き❌サーファーの動き=未知の感覚


この「相対的(相互補完的)な運動」という非常に特殊な感覚を人間が味わえるのは地球上ではおそらくサーフィンのみだと思う


魔法のじゅうたんの上で踊るようでもあるし

空を翔ける竜の背中の上で飛び跳ねるようでもある

多くの人にとって、この感覚を一度知ると、その衝撃は人生そのものを変えてしまうことになる


 no surfing no life








池澤夏樹の『カイマナヒラの家』という本がある



     その物語に登場する女性サーファーが

        こんなことを言う



   「 サーフィンに出会えたら・・・

          それでその人生は、もう半分は成功なのよ 」







               この向こうにシークレットポイントが待っている




















































講師メモ(老後はもう一度こうなるのだろうか)
















トップアマチュアガールサーファーKay








この人はプロサーファーDominic
















講師メモ

















































ビーチの向こうは完璧なレフトのリーフがいくつも点在する半島








講師メモ 真夜中のサーフィン
















講師メモ サーフィンを始めて半年の頃の写真








 

ショアブレイクでも頭以上  でかくてパーフェクトなレフト









講師の私生活雑記帳に戻る