HOME





 講師のブログ








感性について







人は感動するとどんなことでもできる


どんなエリートでも世界に感動できなければ機械部品みたいなもの


どんな落ちこぼれだって、人生に心を踊らせる感性さえあれば、どこまででも歩いていける


学校教育は、こどもひとりひとりの個性に合わせて、感性を育む助けになるべきだ


どんなに能力が高く、知識が豊富でも、感動できなければその人は何も望みはしない


何も望まない人は何もしない


生きることにワクワクする人は、いつも明日を望み、どんなに困難な状況でも次の一歩を踏み出す


健康な身体と同時に感性を育む教育が必要だ


ルールや法律でしばっても人は動かせない


人は心に動かされるから